MENU

ファイルのバックアップを自動化させる方法【Windows】

このような方向けの記事です
  • ネットワークフォルダ、外付けドライブ等にバックアップを「自動」で作成したい
  • 「短時間」でバックアップを終わらせたい
  • コマンドプロンプトでの操作に抵抗がある
目次

SyncToyとは

以下の優れたポイントを持つ、ファイルのバックアップソフトウェアです。

いいところ
  • タスク スケジューラーを利用することで自動的にバックアップを実行するようになります。
  • 変更のあったファイルのみ上書き、新規作成するため、2回目以降の処理は短時間で終わります。
  • GUIなので設定が容易。(実はコマンドプロンプトで動く「robocopy」はOSに標準装備されています。)

使い方

ダウンロード

古すぎるためかMicrosoftのサイトから消えているので、FileHippoのリンクを張っておきます。

OSのbitと同じものをダウンロードし、インストールを行ってください。

フォルダの設定から初回バックアップまで

STEP
起動して「Create New Folder Pair」を選択
STEP
Left、Rightフォルダを選択

Leftが元となるフォルダ、Rightが「バックアップ」フォルダとなります。

STEP
バックアップのモードを選択

下の表を参考に目的にあったモードを選択肢ます。

モードLeftのファイル変更Leftのファイル削除Rightのファイル削除、変更
Synchronize
Echo×
Contribute××
〇ならペアの内容が変更される
モードの選び方
  • バックアップフォルダ変更時、元のフォルダも変更したい → Synchronize
  • バックアップフォルダは触らない → Echo or Contribute
  • 元のフォルダとバックアップフォルダを一致させたい → Echo
  • 元のフォルダで削除したファイルは、念の為残しておきたい → Contribute
STEP
バックアップ設定の名前をつける

英語名にしておくのが無難です。

STEP
初回のバックアップを実行する

Previewをを選択します。

しばらく待つと、コピーするファイル一覧が出てきます。

問題なければRunを選択。

STEP
無事バックアップできました

バックアップフォルダがが全く同じになっています

タイムスケジューラーを用いた自動化

これでボタン一つで簡単にバックアップができるようになりました。

更に自動化させ、定期的にバックアップを取らせるようにしましょう。

STEP
タスク スケジューラーを起動

Windowマークをクリックしてから、「タスク」と入力すると出てくるので選択。

STEP
タスクを作成する

タスクの作成を選択

STEP
全般を入力

今回作成するタスクがわかる名前、詳細を入力しましょう。

STEP
トリガーを入力

どんなタイミングでバックアップを実施するか入力します。

画像は毎日、9時にバックアップを実行します。

STEP
操作を入力

プログラムスクリプトにバックアップを実行さるコマンドを入力します。

コマンドは項目を入力後、ボタンを押してコピーしてください。

コマンド作成

SyncToyインストール場所の初期値は、デフォルト設定時のインストール場所となっています。

SyncToyインストール場所をコピーする方法

コピーしたコマンドを貼り付け、OKを選択。

なんか聞かれますが「はい」を選択。

以上で設定は完了です。

STEP
おまけ

設定した時間が来たら、この様な画面が出てバックアップを自動で行ってくれます。

Q&A

日本語にしたい

oyasu.info様の日本語化パッチを当ててください。

タスク登録時のコマンドが「SyncToyCmd.exe」と、起動する時に実行するプログラムと違うのだけれど?

コマンドにより動かすCUI版を使用していますので、SyncToyCmd.exeを使用しています。

まとめ

SyncToyくんの力を借りることで以下のことが行えるようになりました。

SyncToyの功績
  • 定期的にバックアップをしてくれる
  • 自動的にバックアップをしてくれる
  • 短時間でバックアップをしてくれる

ありがとう!SyncToyくん😉

Let's share this post!

コメントする

To comment

目次
閉じる