MENU

フォルダ、ファイルの増殖を防ぐバージョン管理|Sourcetree

「Sourcetree」にて以下の問題を解決します。

解決できる問題
  • どこを更新して、なんで変更したんだっけ?…となる「ど忘れ」問題
  • バックアップによる「ファイル、フォルダの増殖」問題
  • Git導入の「ハードル高すぎ」問題
目次

Sourcetreeとは

使うメリット

フォルダを見たほうが分かりやすいので、自作キーボードのキーマップファイル群でのビフォーアフター。
バックアップとバージョン管理のため増殖していたフォルダがスッキリしました。

ビフォー
アフター

バージョン管理はどうなっているのかと言うと、Sourcetreeの画面を見れば直感的にわかると思います。

黒い画面と異なり、直感的にわかりやすい!!

バージョン管理、差分チェック、コメントの確認もできる様になりました。

初めて使った時は感動とともに、「何故俺はあんな無駄な時間を……」と悲しくなりました。

ソフトの概要

Sourcetree

SourceTree
Sourcetree | Free Git GUI for Mac and Windows A Git GUI that offers a visual representation of your repositories. Sourcetree is a free Git client for Windows and Mac.

バージョン管理ソフト「Git」を直感的、ビジュアル的に使用できるのが「Sourcetree」です。

Gitって何?というか、Gitをそのまま使えば良いのでは?と思った方向けのまとめが以下になります。

Gitのすごいとこ
Gitのわるいとこ
  • 変更箇所、変更ファイルが一目瞭然
  • コメント、変更者、履歴が一目瞭然
  • バックアップが増えないのでファイルが増殖しない
  • コマンドプロンプトで操作が必要
  • ビジュアル的にわかりにくい
  • レポジトリ??コミット??……???
    ???…なんか怖っ。やめとこ

Gitはマウスを触らないプログラマ用のツールなので、一般人にはちょっと厳しい…。
そんなところを「俺に任せろ!!」と代わりに処理してくれるのがSourcetreeというわけです。

ただし、レポジトリとかコミット等の用語、概念については勉強しておく必要があります。
ですが、勉強に費やした時間は余裕でペイできるほどの力を持っていると断言できます。

Sourcetreeの導入

ダウンロードからインストールまで

ダウンロード

以下のサイトの「Download for windows」をクリック。

矢印のとこをクリック

ダウンロードして、ファイルを実行。

チェック入れてDownloadをクリック
インストール

ファイルを実行すると「Bitbucket」がどうとか出てきます。
自分のPCのみでファイル管理を行うのであれば「スキップ」でOK。

BitbucketはSourcetreeの会社版GitHubみたいなものらしい

Gitがインストールされていない場合は、Gitのチェックボタンが自動的に入ります。
チェックを確認して「次へ」。Mercurialは無くていいです。

Gitを動かすのがSourcetreeなので、インストールは必須

これでインストールが完了します。

やったね

名前とメールアドレスを記入して「次へ」。
名前等は表示に使われるだけなので適当でも構いません。

けれども後々恥ずかしくならない無難な名前にしよう。

SSHキーがどうとか出るけど「いいえ」を選択します。

自分のPCのみで使うのであれば無視してOK

これでインストール完了です。
Sourcetreeが起動するので早速使ってみましょう。

使い方

初期設定(リポジトリの作成)

「Create」をクリック

Sourcetreeが起動した

「参照」を押して、バージョン管理を行うフォルダを選択します。
今回はTestフォルダを作成し、「作成」をクリックしました。

Testフォルダを選択し、作成を選択
空のフォルダ

フォルダすでに存在しているけど、リポジトリ(Gitのファイルを格納するフォルダ)を作成するか聞いてきます。
「はい」を選択し準備完了!

気にせず「はい」
ファイル更新からバージョン登録(コミット)

Testフォルダにテキストファイルを作成します。
すると、Sourcetreeの画面に変更したファイルがリストアップされます。

Test.txtを作成
変更箇所がリストアップされる

この変更をバックアップするため、以下の操作を実施します。(画像のGif動画参照)
「インデックスに追加→コメントの入力→コミットをクリック」という動作を行っています。

こんな感じ

その後、更にテキストファイルを変更すると以下の様になります。

2行目を追記
前回同様、変更点がリストアップされる

再びコミットすると次のようになり、変更履歴が一目瞭然となります。
これでバージョン管理が容易に行えますね。

便利!

今回は一つのファイルしか作成、変更していませんが、サブフォルダ含むフォルダ全体の変更点を管理できます。

勉強に用いたkindle本、サイト

下記のkindle本やブログ様にて導入、設定、Gitについて勉強させて頂きました。
勉強の際にはぜひご活用ください。

あわせて読みたい
現場でいきなりGitを使うことになったエンジニアが急いで「未経験者」から「初心者」になるための本 | 相良... Amazonで相良宗介の現場でいきなりGitを使うことになったエンジニアが急いで「未経験者」から「初心者」になるための本。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いた...
いつも隣にITのお仕事
非エンジニアのためのGitバージョン管理~BitbucketとかGitHubって何? ネットを介してGitによる共同作業をする場合にはリモートリポジトリを使います。今回は、リモートリポジトリとは何か、また代表的なホスティングサービスのGitHubとBitbuck...
シェアしてくださいな
目次
閉じる