MENU

ESP32:OLED表示+ブラウザからのLチカ制御

記事の内容
  • ESP-WROOM-32亜種(Goouuu-ESP32)をArduino IDEで使う方法の説明
  • 作成したパーツ、回路、ソースを記載
こんな人向けの記事
  • Goouuu-ESP32を動かす際の参考にしたい方
  • 中国での電子部品の買い方が気になる方
  • チェロの備忘録
目次

やったこと

はじめに

知識0の状態で試行錯誤してやってます。満載なツッコミどころも楽しんでもらえれば幸いです。

使用部品の購入

中国語のリファレンスは解読に苦戦しそうなので、型番でググって日本語の解説がある物を選択してます。

まぁ結局、中国語の解読は諦めることになるのですが…。

使用した部品等
  • Goouuu-ESP32 スペック
  • 128*64 OLED (SSD1315)
  • ブレッドボード
  • ジャンパー線
  • 赤色LED
    (お勉強キットに入ってたものから拝借)
  • 抵抗 10kΩ、200Ω
    (お勉強キットに入ってたものから拝借)
それっぽい物を購入

開発環境の構築(Windows)

Goouuu-ESP32は「Arduino IDE」に対応しており、「CP2102」というドライバを入れればPCとUSB接続出来るようです。

Arduino IDE のインストール

Arduino IDEの導入についてはわかりやすいサイト様が多数有りますので、そちらを参照下さい。

Spiceman
ESP32-Arduino IDEを活用した開発環境の準備 | Spiceman 当記事では、ESP32シリーズのマイコンに、Arduino正規の統合開発環境である「Arduino IDE」で開発環境を準備する方法を詳しく解説します。 ESP32シリーズの開発環境は複数...

CP2102ドライバのインストール

STEP
ドライバを配布しているサイトにアクセス
STEP
ソフトウェアとツールより「CP210x ユニバーサル Windows ドライバ」をダウンロード
これ
STEP
解凍してインストール

OSのビットにあうもの(64bitならx64、32bitならx86)をインストールして下さい。

Aruduino IDEとの接続設定

ボード一覧に「Goouuu-ESP32」は存在しませんが、「ESP32 Dec Module」でOK。

他の設定も画像の通りで動きます。

回路

先駆者様の回路をほぼ丸パクリ。

参考にさせていただいたサイト

Wak-tech
ESP32でOLEDディスプレイ「SSD1306」にHello-world表示してみた | Wak-tech ESP32でOLEDディスプレイ「SSD1306」にHello world表示してみた動いている様子ESP32でOLEDディスプレイの「SSD1306」を使ってHello world!APIが洗練されていて開封してす...
あわせて読みたい
LEDの極性 アノードとカソードの見分け方 LEDには、アノードとカソードと呼ばれる極性があります。つまりプラスとマイナスがあり、向きを間違えると光りません。ここでは色々な種類のLEDについて、それぞれの極性の...

コード

#include <Wire.h>
#include "SSD1306.h"//OELD用ライブラリ
 
SSD1306  display(0x3c, 4, 15); //SSD1306インスタンスの作成(I2Cアドレス,SDA,SCL)
 
void setup() {
  //SSD1306 Setup
  display.init();                         //初期化
  display.setFont(ArialMT_Plain_16);      //フォント設定
  display.drawString(0, 0, "Chelog.net"); //(0,0)の位置にテキストを設定
  display.display();                      //描写

  //LED Setup
  pinMode(5, OUTPUT);//GPIO5番を出力設定
}
 
void loop() {
  digitalWrite(5, HIGH);  //GPIO5番の出力をHIGH(5V)
  delay(1000);            //1000msec待機
  digitalWrite(5, LOW);   //GPIO5番ピンの出力をLOW(0V)に設定
  delay(1000);            //1000msec待機(1秒待機)
}

OELD用ライブラリについても下記サイト様を参照しました。

Wak-tech
ESP32でOLEDディスプレイ「SSD1306」にHello-world表示してみた | Wak-tech ESP32でOLEDディスプレイ「SSD1306」にHello world表示してみた動いている様子ESP32でOLEDディスプレイの「SSD1306」を使ってHello world!APIが洗練されていて開封してす...

完成

先駆者様の情報があればなんとかなるね

やらかしたところ

ブレッドボード編

ジャンパー用の孔が無い

6孔のブレッドボードも買ったほうが良かったね

しょうが無いので2枚のブレッドボードを結合。余分に買っといてよかったね。

ブログ書いてる段階で知ったけど、fritzingを使えば穴が足りなくなることも一目瞭然であった。

色々やる前に知れてよかった

電源、GRDライン繋がってない

なんでこんなことするの?

テスターのお陰で繋がってないことに気付けた。

プログラムのデバッグツールみたいなもんなので、テスター様は必須だと気づけたのは良かった。

お買い物編

どれを買えば良いのかわからん

中国で購入出来、情報が多くあり、wi-fi使えるものを調べ、ESP32を選択。

しかし、なんかいっぱい出てきて違いがわからん。

よくわからんので、他のパーツもまとめて買える一番最初に出てきたサイトを選択。

取説が全部中国語

わからん…

取説が動画(中国語)、画像ファイル(中身は中国語)で心が折れかける。

とりあえず型番でググって、日本語の解説サイトを参考に試行錯誤。

以外なところで、中国せどりで流れている(?)Amazonのレビューも参考になりそうであった。

まとめ

古いデバイスであれば、先駆者の情報が大量にあるため案外何とかなると実感できた!

fritzingという便利なツールも知れたので、次は設計してから組んでみよう。

シェアしてくださいな
目次
閉じる