MENU

大連隔離からの鞍山隔離生活

記事の内容
  • 中国入国時の隔離生活についてまとめました。
こんな人向けの記事
  • 中国の隔離環境に興味がある方。
  • 数年後のチェロさん。
目次

大連隔離施設から鞍山市内に向かうまで

大連駅の様子

PCR、抗体検査は全て陰性であったことから、隔離費用を精算し、タクシーで大連駅まで移動。

ちなみに隔離費用は食事、PCR、抗体検査込で15,800元であり、約1万円/日であった。

今の時期に帰国できて(但し仕事は降ってくる)、費用は全て会社持ちなことを考えるとありがたい限りである。

ビックリするくらい人がいない。

当然、これには理由があるのだが…。

鞍山隔離

駅から隔離まで

大連市にて感染者が多数確認されたことから、11/4から大連市から移動する人は2週間の隔離が義務化。

これに伴って、鞍山でも隔離生活始まってしまった😰

タイミング悪い…

隔離部屋

何故か救急車で隔離施設まで運ばれた後、電気水道暖房全部死んでるホテルにて隔離生活がスタート。

到着時は先日の大雪によりインフラは壊滅とのこと…。タイミング悪いぜ😅

ちなみに食費、滞在費、PCR検査費用含めて約2800元(200元/日)でした。

大連での隔離費用は550元/日だったから約1/3か。食事等気を使ってもらってる分大連は高いなぁ😔

食事

食事は中華料理であり、おかずの半分が口に合わない…。

ご飯の量が多いので太るし、残すと罪悪感が発生するしでちょっと困った。

豚まんは3日に1回の頻度でも良かったのだが、2週間の滞在中は1回しか出なくて残念。

同僚からの差し入れ

そんな中、同僚が差し入れしてくれた珈琲と果物は大変ありがたかったです。

「困ったときに助けてくれる人が真の友人」みたいな言葉を思い出しました。

何か好きなもの買ってあげるね。ってなるおじさんの気持ちがよくわかった😅

隔離を終えて

大連での隔離を含め、6週間の隔離生活でした。

「自分が何にストレスを感じるのか体感出来た」という意味で新しい知見は得られたものの、二度とごめんです😅

粗悪な作業机や寝具は駄目だと気づけたので、自分にあったものに取り替えよう!

無くて困ったもの
あまり気にならなかったもの
  • 出来たて、熱々の食事
  • 体にあった作業机や椅子、及び寝具
  • 負荷が大きい筋トレ
  • 暖かいシャワー
  • 電気、水道、暖房等のインフラ
  • ホテル部屋での隔離
  • 隣人の熱唱
  • お酒が飲めない
  • 中華料理のみの生活
シェアしてくださいな
目次