MENU

北朝鮮や恐怖体験などの観光地盛りだくさん【遼寧省丹東市 社員旅行記録】

記事の内容
  • 仕事で訪れた「遼寧省丹東市」の記録
  • 気が赴くままに撮った写真のまとめ
こんな人向けの記事
  • 数年後のチェロさん
  • 丹東市ってどこ?って方
目次

場所

遼寧省丹東市

丹東市
  • 北朝鮮との国境に位置する。肉眼でも北朝鮮が見れる。
  • 万里の長城の最東部、鳳凰山、北朝鮮等、観光スポットが多い。

鴨緑江断橋

雑な解説

北朝鮮と中国を結んでいた橋。米軍による空爆で破壊されたものを観光名所化している。

隣の橋は鉄道が通っており貿易を行っているが、今はコロナ対策のため動いていない。

出稼ぎや北朝鮮で製造等出来なくなってそうなので、コロナの影響の大きさを感じる。

虎山長城

雑な解説

中国側の最東部の万里の長城。蛮族侵入を防ぐためとは言え、昔にこんなのを作ったのは感心するなぁ。

段差はかなりきつく、頂上到達時は息が切れてた😫

北朝鮮側がよく見えるが、人が全くいない…。川を挟むだけでこんなにも違うのかとショックを受ける。

抗美援朝記念館

雑な解説

朝鮮戦争にて北朝鮮を支援したときの橋、鉄道、及び資料館。

北朝鮮を支援したというより、アメリカに対抗したという事を伝えるためのプロパガンダ用かな。

まぁ、中国本土でアメリカを目の敵にしてる人を見たことはないので、効果あるのかわからないけど。

北朝鮮遊覧船

雑な解説

北朝鮮を眺める遊覧船。北朝鮮を眺めて悦に浸るための催しなので、色々考えさせられる。

将軍様のでっかい肖像画が設置されてたり、工場全く動いておらずハリボテ状態だったり。

良く見せようと頑張ってるのを感じるが、全く相手になってないのが哀愁を誘う。

博物館よりよっぽどプロパガンダだよなぁと思ったりする。

鳳凰山

雑な解説

PRG終盤のダンジョンみたいな名前の山。

公式ホームページの一番下を見て、「うわっ😳」となるか、「うわっ😨」となるかで評価が変わる。

色々ルートはあるけど、前準備必要なのでちゃんとした装備で来ましょう。

中国っぽいもの

まとめ

北朝鮮を肉眼で見ることが出来たし、いい経験になりました。

それはそれとして、社員一同リフレッシュ出来たので明日もお仕事頑張るぞい!

Let's share this post!

コメントする

To comment

目次
閉じる